ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタルサービス株式会社

環境3Rとは循環型経済システムを構築するための基本的な考え方です。当社は「Repair(修理)」を加え環境4Rをベースに環境に関する基本方針としています。

Reduce(リデュース:ごみの発生抑制)

省資源化や長寿命化といった取り組みを通じて製品の製造、流通、使用などに係る資源利用効率を高め、廃棄物とならざるを得ない形での資源の利用を極力少なくすることです。

Reuse(リユース:再資源化・再利用)

一旦使用された製品を回収し、必要に応じて適切な処置を施して製品として再使用を図ったり、再使用可能な部品の利用を図ることです。

Recyle(リサイクル:再生利用)

一旦使用された製品や製品の製造に伴い発生した副産物を回収して原材料としての利用(マテリアルリサイクル)や焼却熱のエネルギーとしての利用(サーマルリサイクル)を図ることです。

Repair(リペア:修理)

一旦使用された製品を回収して必要な修理を施し、製品として再使用を図ることです。

4Rコンセプト

当社はコアビジネスであるリユース・リサイクル事業を行う基盤として、環境マネジメント・システムの国際規格であるISO14001の認証を「CS東京商品センター」「CS大阪商品センター」ともに取得し、環境保全体制を構築しています。

  • CS東京商品センター 2001年5月認証取得
  • CS大阪商品センター 2002年5月認証取得

オフィス機器有効活用サービスフローの詳細はこちら


たいせつにしますプライバシー 17000036

認証取得会社
日立キャピタルサービス株式会社

ISO14001

弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター
CS大阪商品センター

ISO27001
弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター

日立キャピタルサービスは
企業・自治体のパソコン処分・リユースパソコンで循環型社会のお手伝いをいたします。