ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタルサービス株式会社

ご存知ですか?廃棄とリユースのCO2排出量

廃棄型社会よりも循環型社会の方が地球にやさしいということは誰もが知っていることです。
ただ、廃棄する際に発生するCO2とリユースのためにパソコンを再生する際に発生するCO2は余り知られていません。
未来のために循環型社会を築けるよう、CO2排出量を比べてみました。

【廃棄とリユースのCO2排出量比較(kg-CO2)】

廃棄とリユースのCO2排出量比較

<算定方法>

算定にはJEMAI-LCA Pro(社団法人 産業環境管理協会)を使用
「廃棄」はシュレッダーで粉砕し焼却後スラグとなる際のCO2排出量
「リユース」は入庫からリユース商品に再生する際のCO2排出量
ブナの木への換算は独立行政法人 森林総合研究所試算数値を利用(1本1年当りのCO2吸収量)

当社では、不用となった情報機器・遊休設備の買い取り、リユース機器販売を行っております。

【日立キャピタルサービス】をご覧のみなさま

CO2を削減:廃棄からリユースへ - 日立キャピタルサービスの「資産有効活用サービス」では、パソコンなどの情報機器や遊休設備などを買い取りすることで循環型社会の基本であるリユース・リサイクルをお手伝い。パソコン処分やリユースパソコン導入は当社にご相談ください。


たいせつにしますプライバシー 17000036

認証取得会社
日立キャピタルサービス株式会社

ISO14001

弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター

ISO27001
弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター

日立キャピタルサービスは
企業・自治体のパソコン処分・リユースパソコンで循環型社会のお手伝いをいたします。