ページの本文へ

Hitachi

日立キャピタルサービス株式会社

資源有効利用促進法は2000年5月に成立し、2001年4月に施行されました。

事業者による製品の回収・リサイクルの実施などリサイクル対策を強化するとともに、製品の省資源化・長寿命化等による廃棄物の発生抑制(リデュース)対策や、回収した製品からの部品等の再使用(リユース)対策を新たに講じ、また産業廃棄物対策としても、副産物の発生抑制(リデュース)を促進することにより、循環型経済システムの構築をめざす法律です。

特に事業者に対して3Rの取り組みが必要となる業種や製品を政令で指定し、自主的に取り組むべき具体的な内容を省令で定めています。 10業種・69品目を指定して、製品の製造段階における3R対策、 設計段階における3Rの配慮、分別回収のための識別表示、事業者による自主回収・リサイクルシステムの構築などが規定されています。

自動車、家電製品、パソコン、複写機、金属製家具、ガス・石油機器、スチール製の缶、ペットボトル、アルミニウム製の缶、小型二次電池使用機器など

対象となる10業種

  1. パルプ製造業および紙製造業
  2. 無機化学工業製品製造業および有機化学工業製品製造業
  3. 製鉄業および製鋼・製鋼圧延業
  4. 銅・第一次製錬・精製業
  5. 自動車製造業
  1. 紙製造業
  2. 硬質塩化ビニル製の管・管継手の製造業
  3. ガラス容器製造業
  4. 複写機製造業
  5. 建設業

69品目の代表例

自動車、家電製品、パソコン、複写機、金属製家具、ガス・石油機器、スチール製の缶、ペットボトル、アルミニウム製の缶、小型二次電池使用機器など

【日立キャピタルサービス】をご覧のみなさま

リユースで豊かな未来を - 日立キャピタルサービスの「資産有効活用サービス」では、企業パソコンなどを買い取りすることで循環型社会の基本であるリユース・リサイクルをお手伝い。CO2削減に貢献しています。パソコン処分やリユースパソコン導入は当社にご相談ください。他にも「テレビシステム運営サービス」をご提供しております。


たいせつにしますプライバシー 17000036

認証取得会社
日立キャピタルサービス株式会社

ISO14001

弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター
CS大阪商品センター

ISO27001
弊社認証事業所
日立キャピタルサービス株式会社
CS東京商品センター

日立キャピタルサービスは
企業・自治体のパソコン処分・リユースパソコンで循環型社会のお手伝いをいたします。